• ホーム
  • 射精コントロールグッズで早漏治療を

射精コントロールグッズで早漏治療を

2020年01月26日

早漏の悩みは世の中の男性にほぼ共通してみられるものです。
特に20代ぐらいまでの男性にとっては早漏の悩みは非常に深刻なものがあります。
しかし中高年になってからも早漏の悩みは尽きないもの。
特に40代後半からは過敏性早漏ではなく、射精管閉鎖筋群の筋力低下による衰弱性早漏により、爆発的な射精ではなく意図しない「漏れ」で悩まされることになります。
つまり早漏の悩みは男性であれば一生付きまといかねない問題といえるでしょう。
そうした男性にはやはり何らかの形で早漏治療が必要になるでしょう。
早漏治療をするにあたっては、まず自分の早漏がどのようなタイプかを見極めたうえで、それらに適した治療グッズを入手する必要があります。
早漏治療の要はいかに射精をコントロールするかにあります。
過敏性早漏の場合は性交時の刺激に対する耐性がないために射精のコントロールが利かなくなるわけですから、耐性を高めるような薬を入手するか、刺激を和らげるグッズをグッツショップなどで探されるとよいでしょう。
また衰弱性早漏の早漏治療の場合は、いわゆる中折れのような状態も想定できますから、勃起力を高めつつ持続力も得られ、射精のタイミングを自覚的にコントロールできるようなグッズをグッツショップなどで探されるとよいと思います。
特にペニスの根元に装着し適度な締め付け感を感じられるようなペニスリングなどは、グッツショップであれば簡単に見つけられると思いますし入手も容易でしょう。
女性に対するアピール度も抜群ですし、お互いに効果を確かめ合いながら早漏治療を楽しむことができると思います。
こうした早漏治療を繰り返すことで射精コントロールのコツを覚えてしまえば、早漏など怖くもなんともありません。